はじめてのオレンジフォーム

2020年9月13日

オレンジフォームを初めて利用する方向けに、基本的なフォームの作成方法を解説します。

まずは手順に従って新しいフォームを作成してみましょう。

ちなみに動画での手順はこちらのページからご覧いただけます。

※画像が小さくて見にくい場合には、画像をクリックすると拡大されます

ステップ1.フォームの新規作成

『オレンジフォーム』のタブが選択されていることを確認したら、『フォーム新規作成』をクリックします。

クリックすると、以下の画面に遷移します。

この画面で入力すべき項目は以下の4つです。

  • フォーム名(管理用)
  • フォーム名(公開用)
  • 登録確認画面
  • カラー選択

それぞれの詳しい説明は以下の通り。

フォーム名(管理用)

自分だけが見ることのできる管理用のフォーム名です。

管理画面上でのみ使われる名前であり、フォームを複数作っていく場合などに管理しやすい名前を付けます。

フォーム名(公開用)

フォームから登録を行う人が実際に見るフォーム名です。

実際のフォーム画面上では、以下の矢印の部分2箇所に記載される文字列です。

登録確認画面

フォームに必要事項を入力後、『確認』ボタンをクリックした後に登録確認画面を表示するか否かを設定できます。

登録確認画面というのは以下のような画面です。

この画面で『送信』ボタンを押すと、初めて登録が完了します。

一方、登録確認画面の『表示する』のチェックが外されている(OFFにされている)場合、上記の確認画面は表示されず、フォーム入力画面の『確認』ボタンを押した段階で登録が完了します。

カラー選択

フォームのカラーデザインを選択することができます。

好みや目的に応じて適切なデザインを選択してください。

すべての入力が完了したら、画面下部にある『次へ』のボタンをクリックします。

ステップ2.フォームの入力項目を設定する

以下の画面でフォームに表示する入力項目の設定を行います。

フォーム入力情報を保存するボタンの設置

フォームに入力した情報を、ブラウザ上に保存するかどうかをユーザーに選択させることができます。

実際には以下のようなチェックボタンが設置され、チェックを入れることによってユーザーのブラウザ上に入力情報が保存されます。

入力情報をブラウザに保存すると、2度目以降の入力の際に自動入力されます。

この機能についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事を参照ください。

フォーム入力情報をブラウザに記憶する(Cookie保存機能)

各項目と入力タイプについて

オレンジメールでは、用途に合わせた入力項目をいくつがご用意しております。

初期状態では『メールアドレス』のみにチェックが入っています。

新しい項目を追加したい場合には、一番左側にある『使用』のチェックボックスにチェックを入れることによって項目が追加されます。

また、その入力項目を必須にしたい場合には『必須』のチェックボックスにチェックを入れることによって、その項目が未入力の状態では登録できないようにすることができます。

もし、追加したい項目がない場合には、新しく独自の項目を作成することができます。

『フリー項目』と表示されている部分を好きな文字列に変更することで、独自の項目を新しく作成することができます。

また、初期状態で『1行テキスト入力』となっている部分をクリックすると、入力タイプを選択することができます。

それぞれの入力タイプについては以下のとおりです。

1行のみのテキスト入力ボックスを表示します。

名前やメールアドレスなど、1行で完結するものの場合に利用されます。

複数行書くことができるテキスト入力ボックスを表示します。

アンケートの感想やご意見などを入力してもらう場合に利用されます。

ドロップダウン形式で選択肢を表示させることが出来ます。

選択肢が多い場合などによく利用されます。

ラジオボタンによる選択肢の表示を行います。

ラジオボタンは、1つの選択肢のみしか選択することができず、複数選択をすることはできません。

ラジオボタンを縦に並べたものです。

チェックボックスによる選択肢の表示を行います。

チェックボックスは、ラジオボタンと違い複数の選択肢を選択することができます。

チェックボックスを縦に並べたものです。

固定値とは、登録されたフォームに予め設定された値を自動的に取得するものです。

固定値を使うことによって、フォームの形やデザインは同じでも、管理画面上ではどのフォームから登録されたのか?を判別することが可能になります。

例えば、『ホームページ』『ブログ』『ランディングページ』の3つのページで同じ形のフォームを使っている場合、固定値を3つ設定することによってどこから登録されたのか?が一目瞭然になります。

上記は固定値に『ランディングページからの登録』という値を設置したものです。

こうすることによって、フォームの見た目は同じでも、このフォームから登録したユーザーには固定値として設定している『ランディングページからの登録』という値が与えられることになります。


1行テキスト&複数行テキストの場合の初期値について

入力タイプを『1行テキスト』もしくは『複数行テキスト』にした場合、初期値の設定をすることができます。

初期値というのは、フォームを表示した段階でデフォルト表示される文字列のことをいいます。

初期値を設定するには、一番右の列の空欄に表示させたい文字列を打ち込みます。

上の例では『ここに1行テキストを入力』『ここに複数行テキストを入力』と記述しているため、実際のフォームでは以下のように表示されます。

初期値には、登録する人が何を入力すべきか?がわかりやすいように、具体例や入力内容の指示を書いておくのがおすすめです。


以上、設置する項目の選択が完了したら、画面下部の『次へ』のボタンをクリックします。

ステップ3.登録完了メールの設定

登録されたメールアドレスに対して、読者完了メールを送ることができます。

上記の初期設定から編集をして好きな内容を設定することができます。

なお、メールのなかには特殊文字を使うことができ、入力された内容によって変化する文字列などを取得し、メール本文に表示させることができます。

一方、登録時には管理者への登録通知を行うこともできます。

こちらはデフォルトではOFFになっているため、登録が行われた際に随時通知がほしいという場合にはONにするようにしてください。

上記、登録完了メールの設定が完了したら、『作成』ボタンをクリックしてフォームが完成です。


お問い合わせは、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

記事はいかがだったでしょうか?
ご意見・ご感想をお聞かせください




Powered by このフォームは『オレンジフォーム』で作成しています